裁縫に必要な道具

裁縫を楽しむために必要な知識

主婦や主夫を中心に手芸を趣味にする人が増えています。
その中でも特に人気があるのは裁縫です。
主婦であれば、裁縫は多くの場合一度は行った経験があることでしょう。
そのため、レベルの差はありますが、基本的な知識についてはすでに有している人も多いです。
しかし、趣味として本格的に取り組むにはさらに知識を身に付ける必要があります。
例えば、手縫いに使う針にはサイズの選び方は重要です。
生地に合わせたサイズの選び方がポイントになります。
当然ですが、薄い生地に対してはサイズの小さな針を使い、厚い生地にはサイズの大きな針を使用します。
また、熱い生地の場合は縫い始める前に水通しやアイロンがけを行うと縫いやすくなります。
上達するために大切なのはいきなり難しい物を作ろうとしないことです。
裁縫の本を見ると、いろいろ魅力的な物が載っています。
しかし、それらは卓越したスキルが必要であることが多いです。
まず、自分が持っている技術をしっかりと見極めて、簡単な物から取り組むことがポイントです。
ハンカチなどのシンプルな構成のものをいくつか作ってみると良いです。
そうすることにより、段々と慣れてきます。
また、家族がいる場合は家族が使うものを作って喜んでもらうことにより、モチベーションを高めることができます。

裁縫に必要な道具

裁縫を始める前に、道具を揃える必要があります。
まずハサミですが、用途によって使い分けます。
布を裁断する時には切れ味を重視した布切りばさみ、糸を切る時は糸切りばさみ、型紙には紙切ばさみを使います。
特に布切りばさみで紙を切ると刃が傷んで切れ味が悪くなります。
次に布に印を付けるチャコペンです。
最近は水で消えるインクタイプもあります。
裁縫では寸法を測って、布に製図を引くのでメジャーと定規を用意します。
定規は50cmの方眼定規が平行線を引きやすいです。
まち針は仮止めをする際に使います。
縫い針とミシン針は布の厚さに応じて選びます。
針の長さが何種類か揃っているキットが販売されています。
裁縫初心者は、縫い間違いをすることがあります。
リッパーはボタンホールの切り込みや、ミシン目を解く時に便利です。
また目打ちは角を整えたり、失敗した縫い目を解いたり、ミシンがけをする時に布を抑えたりします。
シワを伸ばしたり、縫い目を整えたりするために、アイロンを使います。
温度調節やスチームなどの機能が備わっており、底がテフロン加工のものを選びます。
布によってドライやスチームなどの設定を変えます。
作業の随所でアイロンがけを行うと、仕上がりがキレイです。

check

水素水
http://www.aquelasuiso.com/
ケータリング 大阪
http://www.at-ml.jp/10804422/
セブ 留学
http://global-english-academy.net/
卒業記念品の販売
http://www.glass-art.jp/
ペット火葬 戸田市
http://www.nansaikaikan.com/
開店祝い 胡蝶蘭
http://kochouran-tg.jp/item/scene01.html

最終更新日:2016/6/30